綺麗にしてから退去しよう

>

原状回復の費用を請求される

太陽の光に注意しよう

ずっと太陽の光を浴びている床や壁は、変色しやすいです。
その場合は退去する際に、修繕費を請求されてしまいます。
日焼けをしないよう、カーテンを用意することをおすすめします。
日中でもカーテンをしていれば、変色することを回避できます。
しかしカーテンには太陽の光を遮れるものと、そうでないものの2種類があります。
しっかり太陽の光を遮れるものでないと、意味がありません。

退去する時に余計な費用が発生しないよう、賃貸で暮らす際は綺麗な状態を維持することを意識してください。
定期的に壁や床が日焼けをしていないか、チェックしましょう。
退去する時にだけ確認すると、想像以上に日焼けしていて、高額な修繕費を請求されてしまいます。

家電が原因で変色する

実は、家電が原因で黒く壁が変色してしまうことがあります。
一般的に、電気焼けと呼ばれています。
電気焼けをした場合も、修繕する対象になります。
そもそも家電を設置しなければ、壁が黒く変色する心配はありません。
ですが生活に欠かせない家電も多いので、使わないというのは不可能でしょう。
できるだけ壁から離して、家電を配置するのが良い方法です。

すると電気焼けを回避できます。
高額な修繕費を請求されないように、どこに家電を配置すれば良いのか考えてください。
壁にピッタリとつけて配置すると、すぐに変色してしまいます。
また家電の裏は、見落としやすい部分です。
定期的に電気焼けしていないか、確認することを忘れないでください。


TOPへ戻る