綺麗にしてから退去しよう

>

家具が原因で床がへこむ

工夫して床を守ろう

なるべく床に傷がつかないように、家具を配置してください。
最も良い方法は、必要な家具だけ置くことです。
生活に必要ない家具まで置いていると、床が傷ついて修繕しなければいけない箇所が増えてしまいます。
また、定期的に模様替えをするのも良い方法です。
床がへこむのは、ずっと同じ位置に重力が掛かっていることが原因です。

家具の場所を変えれば、同じ場所に重力が掛かることを回避できます。
ですから床を傷つけないで、生活を送れるでしょう。
たくさんの家具があると、模様替えをするのも大変です。
そのため、家具は少ない方が良いと言われます。
設置する前に、生活に本当に必要な家具をピックアップしてください。
余計な修繕費を請求されないよう、工夫しましょう。

保護するシートを購入しよう

床を保護できるシートが、最近発売されています。
家具の下に敷くことで、床が傷つくことを回避できます。
退去する際に修繕費を請求されないよう、事前にそのようなシートで予防するのがおすすめです。
また地震が起こっても家具が倒れないよう、粘着性のあるシートも存在します。
大きな家具が、地震の影響で倒れたら大変ですよね。
家具の下敷きになって、大ケガをする恐れもあります。

できれば地震対策にもなる、保護シートを選択しましょう。
ホームセンターに行けば売っているので、早めに用意してください。
床に傷がついてから、シートを敷いても手遅れです。
引っ越し前にシートを購入して、家具を配置する時に敷けば余計な手間が赤らないので便利です。


TOPへ戻る